占いにハマりすぎるとどうなる?

占いに投資しすぎ

占いの効果

占いも健全に使えば、楽しみの一つかもしれません。
占いが実際にその通りになって当たるかはわかりません。
孤独な自分に天から降ってきた言葉のようにも思えて、嬉しい気持ちになっているだけなのかもしれません。
占い師は、友人でも心の友でもありません。
悩みがあって自分自身ではどうにもならず、誰かに相談したくなった時には、家族に相談するしかありません。
心の弱くなった人に向けて、悪意のある人が待ち構えていると心にいつも刻んでおくべきです。
特に、お金がかかることや将来に関わること、生活に直結して名誉にかかわることなど、親身になって損得関係なく相談を聞いてくれる人は、同じ立場にいる身内しかいないということです。
もう少し大人になって、冷静に考えられる自分を信じましょう。

向き不向き

占い師も年若い人に向けての相談の占いは、精神的な操作をしないように決めています。
占いに依存しそうな人には、厳しい運勢を伝えないかもしれません。
占いの範疇を逸脱する行為を自らを投じて行うことは、自殺行為にもなりかねません。
もしあまり良くない運勢を占いで告げられても、「それを克服するにはどうすればいいですか」と占い師に聞くべきです。
占いから、自分の近い将来の不運を回避したり、良い方向に向ける方法を検討する材料にするためにはメリットもあるかもしれません。
不安が募ったり、占いからさらに悩みが増えたり、自分で落ち込むなどであれば、その人は占いに向いていない人なのかもしれません。
わざわざお金を払って嫌な気分にしかならないのであれば、その人に占いは向いていません。
小旅行に行って美味しいものを食べて気分転換するなど、お金の使い方次第で自分の気分も意識も変えられます。


みんなにシェア

B!